« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

テレビ手離した

今朝テレビを手離しました。

もうテレビなんか見ないぞと決意したのではありません。
単身赴任直後にテレビ無しには人生の空きエリアは埋められないぞとばかりにポケットに何枚かの万札を押し込んで電器店に乗り込んでいった私です。

しかし配達は二日後というまどろっこしさを我慢できずに選んだのは、自力で持ち帰れる14インチビデオ付きモノラルサウンドテレビ。
画面の小ささだけでなく曲率の強いブラウン管も情けなくてその後ずっと後悔し、始末したくて仕方なかったのです。

そんな時にチャンスがやってきます。
同僚の息子が小さくても良いから自分専用のテレビを欲しいと言い出したのです。
良い育て方をしておられます。

そして岡山に来て以来、それなりにいろんなものを映してくれたテレビは今朝千円札5枚に姿を変えたのでした。
捨てたいけど捨てられなくて持て余していた代物が5000円とは上出来。

これでしばらくは出勤前の占いのハシゴはできません。
もちろんDVDも見れませんし、PSやPS2も可能性を秘めたただの箱です。

まぁそんな一時的な状況はいいとして、どんなテレビを買おうかと迷っています。

1.安い28インチ級ブラウン管テレビ
2.割高だけど軽量で省スペースな15インチ級液晶テレビ
3.100インチも可能な液晶プロジェクター+TVチューナー

それなりに小金を蓄えたとは言え、プラズマタイプは感覚的に費用対効果が合わないので既に落ちています。
たぶん2か3になると思います。

私にとってディスプレイは世界の扉です。
じっくり考えて衝動買いする期限は1週間としました。

|

2004.02.27

デザインテンプレ変更の理由

この記事は主に自分のための備忘録です。

サイドバーが左配置から右配置のテンプレートに変更しています。
理由は前のテンプレートではIE5.5(または相当)のブラウザで表示すると、本文がサイドバーの下にまわってしまうからです。

私は出張や帰省の際はシグマリオン3を同行させるのですが(げっ!モノを擬人化)、このシグマリオン3のブラウザがIE5.5相当らしく、RollUpを何回か押さないと本文が現れないのです。

そのための変更。
ハイ、忘れないようにしておこう。

|

2004.02.26

神戸豚まんの春陽軒HP

にも書きましたが、神戸のお気に入りである豚まんの春陽軒のホームページ見つけました。
あの味が大好きな私にとっては、ホームページにある豚まんの写真を見てお腹が鳴ってしまいます。

ぶらりと自宅を出て新開地に向かい、春陽軒に入ってあの特製みそをしっとりした豚まんの表面にぬりつけてつけて食べたい!
岡山にこういう豚まんは無いのです(今のところ)。

春陽軒まで距離にして140キロじゃないか。
週末は絶対春陽軒の豚まんだ!

そう決意した少し寂しい夜です。

|

オタフクお好みソース味焼そば

最近発売されたような気がするこの即席焼きそば。
ちょっと美味しい。

以前から即席焼きそばが好きで日清系(UFO、日清焼きそば)をよく食べていましたが、最近ソースの匂いでこめかみが痛くなってしまいめっきり縁が無くなっていました。

そんなときに特価で見つけたのがこの「サッポロ一番 袋めん オタフクお好みソース味焼そば」

これ、少し舌と胃袋に訴えるものがありました。
なんだか麺の食感とソースのからみが良くて、2週間で既にリピート4食。
もうしばらくはマイブームで食べそうな気がします。

----------------

ついでにここで、私の袋焼きそばの作り方です。

まず、通常の汁型即席麺のように、麺を熱湯たぎる鍋に入れて煮ます。
その傍らではフライパンに具材を放り込んで炒めます。

具材は豚肉・ベーコン・ハム・魚肉ソーセージという主演男優賞系とネギ・キャベツ・タマネギ・ピーマンといった助演女優賞系を冷蔵庫内の状況に応じて適当に組み合わせて塩・コショー・ダシの素・ラー油なんかで味を付けておきます。

そしてそのフライパンの具材を片側に寄せ、そこに先ほどの手短に煮ておいた焼きそばを箸で掬って煮汁を鍋に残しながら移していきます。

移し終わったらフライパン内の焼きそばエリア中心にソースをかけて麺中心の味付けを念頭に混ぜ込み、最後に具材と一緒にグワグワっと混ぜ合わせたらお皿に移して出来上がり。

なかなかこの味は侮れません。

|

2004.02.25

心打ったサイト名のサイト

2月9日に「心打つココログサイト名」という記事で、私の頭のどこかが反応した20のblogタイトルを勝手にリストアップしました。
その後コメントやトラックバックで3つのサイトオーナーの方からレスポンスをいただきました。

あってもなくても猫のしっぽさん
川上から桃。さん
伊豆の登り子さん

早速サイトを訪問させていただき、ネーミングのバックグラウンドが判ったりして興味ある訪問になりました。

しかし、勝手にサイト名を記事で使われて当惑された方もおられたと思います。
寛容に受け止めていただけたらありがたいです。。

|

2004.02.23

iPodが悔い改めるべき事

私がiPod(20GB)を1ヶ月使って気になったこと。

1:バッテリーの持ち

どうも仕様に記載(8時間)されているほど持ちませぬ。
電池の質が悪いのかな。メモリー効果があるとか。
交換は15,000円。
「富士通電池アルカリ乾電池 単3形 100本 特価:¥3,980」で換算すると単3アルカリ乾電池を377本買える価格だ(だからなんだ)。
どうやらアップルもこれを問題として認識し始めているらしく、条件に応じて低価格での交換も始めているらしい。
日本でもイギリスの様に国会で問題として取り上げよう。


2:ボディーの仕上げ

バックの銀の面に指紋がべたべたついて、ひどく汚く見えてしまいます。
シルクフィニッシュとかでいいんではないのかな(iPodminiはそうしてるらしいじゃん!)。
休日に時間をかけてサンドペーパーで仕上げようか。
イヤ、錆びそうだしやめておこう。


3:全てのケーブルの長さの見直し。

リモコンを経由してイヤフォンに至るケーブルが私自身の外壁でとぐろを巻いている。
身長が日本人の1割~1.5割増しのアメリカン向けにできているのか。
大は小を兼ねるなんて納得してはいけない。適切こそ品質である。
日本人品質を求む。


4:最も大事な問題

私はライブアルバムを聴くことが多い。
しかし!聴衆の拍手がプシュっと途切れ、そして居心地の悪い無音の時間を経て続きの拍手が再生される。

これは辛い、興醒めも度を過ぎている。
しかしiTuneの「設定」において「曲の間隔無し」というのがあるのを知る。
早速設定する。でも駄目、息継ぎがある。
使う側に工夫の余地があることも知っているが、これはファームレベルで対応出来ること。
安易にプログラマーにゆだねるな。CDを忠実に再現してください。

以上だ!

アップル、ここで踏ん張れ!

|

DVD「CUBE」買う

昨日、iPodのおなかを満たすネタを探して中古CDショップに行きましたが、その時にこじんまりと置かれているDVDの中に「CUBE」を見つけたので買ってしまいました。

既に2回観ているのですが、こういう面白い映画こそ思いついた時に観るために所有していなければいけません。
それに派手な仕掛けの割にはもうひとつ食い足りなかった続編の「CUBE2」を持っているので、1作目を持ってないのはアンバランスです。

早速マンションに戻って再生。

3度目もしっかりのめり込みましたが、本当に良くできた映画です。
「常軌を逸した」状況の中で人間のさまざまな感情が交錯して進行します。

全編を通して登場する人間はわずか7人です。
通行人もいませんから、本当に7つの顔しか見ないのです。
その内の一つの顔は、映画開始の数分後には賽の目にカットされてセリフもないまま役目を終えてしまいます。

登場人物はいずれも脱出のためのなんらかの意味を持たされた存在です。
そして6人がトラップの回避と出口を求める謎解きをしながら行動していく過程が映画の全てで、そこに描かれたドラマが練られているから繰り返し観てしまうのでしょう。

満足な1枚です。

あと一緒に収録されているショートドラマ「ELEVATER」も楽しめました。

|

2004.02.22

iPod、増曲中

20GBの空間が埋まらず、スカスカのままなので本日中古CD屋さんで物色してきました。

買ったのがビリー・ジョエルのベスト2枚組とジョニ・ミッチェルのライブ(これも2枚組)。
まずこの4枚をMP3にしてしまいます。

次にCDDB(インターネット上のアルバムデータライブラリ)からタイトルを持ってこれるかどうか心配だった手持ちのロバートジョンソンのブルース曲集(3枚組)も、iTuneで試してみるとタイトルを持ってきてくれたので、これもMP3に変換しました。

鶏肉と野菜スープを作ってウィスキーをチビチビやりながらではありますが、ここまでで3時間。
iPodをクレードルに乗せて同期させるのに数分で作業終了。

さぁ、iPodも少しは20GBが不安になり始めたろうと思ってチェックする。

---------------
364曲、25時間28分27秒、1.72GB
---------------

まだ全然余裕....。


大容量HDプレーヤーって、CD売り上げに貢献するかもね。
CCCD(コピーコントロールCD)はパスだけど。

|

ピップエレキバン効いた

風邪気味の所に出張があって荷物を持ち歩いたからか、左の肩に痛みがあり偏頭痛が続いていました。
いやな痛みのために左目だけ涙目です。

朝風呂もインドメタシン入りの塗り薬も効果が無く、時々腕を回したりしてごまかしているだけでした。

そんな時、ふとピップエレキバンが目に入ります。
知人が試供品でもらったものを分けてくれたのですが、イメージがじじくさくてほったらかしにしていたもの。
試しに痛い方の肩に貼り付けて別のことをしていました。

しばらくしてふと気がつきます。

肩の痛みが治まっている!
頭痛も同時に消滅している!

自分にとっては劇的な驚きでした。
今まで自分には縁の無いものだと決めつけていたものが、びっくりするほど治療効果があったのです。

んー、まいりました。
こういうものが必要な体になっていたのです。

複雑に哀しい気分です。

|

2004.02.21

安すぎ!半田屋

出張で行った広島で現地社員に連れて行ってもらったのが大衆食堂「半田屋」。

行く途中から「500円食べたら全部払ってあげますよ」とか冗談を言われていたのですが、行ってみて納得。

セルフ形式でトレーにオカズをとり、ご飯・うどん・ラーメンなど選んで空いてる席で食べるというシステムです。
12時少し前に行ったのですが、店内はかなりの混雑。
でも食事を終えて出る時には表まで行列が延びていました。

店頭に置いていたチラシを持っているので、私が驚いたここのメニューと価格を書いてみましょう。

【おかず】
160円 鯖の味噌煮
120円 肉じゃが・ハンバーグ・鳥から揚げ・白身フライ・チキンカツ・鮭の塩焼き
100円 野菜サラダ(卵半分・トマト・レタス・キュウリ・アスパラガス)
 80円 焼き餃子(5個)・かぼちゃの煮物・ひじきの煮物・大根おろし
      とろろ・ラジウム卵(なんだろ?)・大学いも
 60円 コロッケ・目玉焼き・納豆・冷や奴・かき揚げ
 40円 漬け物・塩から・味付け海苔・生卵・浅漬け

【主食】
180円 ライスカレー
200円 牛丼(例に漏れず中止してました)
 60円 ミニめし
 80円 小めし
120円 中めし
100円 かけそば・うどん
130円 天ぷらそば・うどん
180円 しょうゆラーメン

【汁物】
 50円 みそ汁
 80円 豚汁


安すぎです、その日は420円でしたが、十分満足。

半田屋さん! 岡山にも出店してください!

|

取材経験

7~8年ほど前の出来事で、取材の目的は科学雑誌「Quark」の連載企画記事の作成のためでした。

毎月1ページが割かれるその記事というのは、パソコンになんらかの形で関わりがあるちょっと面白い人物を紹介するという企画でした。
私がその記事に取り上げられた理由は、私が考案したパズルゲームが多くの方に遊んでいただいていたからで、そのパズルのマック版・DOS版を組まれた方二人と一緒です。

大阪梅田にあるホテルロビーの待ち合わせ場所には、記事のライターと大きなバッグを抱えたカメラマンが待っていました。
そこから総勢5名が地下のレストランに場所を移して取材がはじまります。

私は一人遠慮無くビールをお代わりしながら2時間弱くらい質問に答えた後、撮影のために外に出ます。

カメラマンが撮影場所に選んだのは阪神百貨店前の歩道橋の上でした。
人通りは少なくありません。
また、不足している光を補うために反射板を使ったりするため、馴れない素人にはかなり恥ずかしい体験でした。

しかし取材自体の思い出や、その結果が反映された書籍は、私のとって最も大切なものの一つです。
「横尾忠則」「神足裕司」「千葉麗子」と言った著名人がその記事で取り上げられていましたが、サラリーマンだからと気後れせず取材に応じて良かったなと思ってます。

|

2004.02.19

ココログ超ビジータイム

10時過ぎくらいからココログが重たくなりますね。
この時間帯にたくさんの人が腕まくりをして今日の記事を書いているのだと思います。

そんな時に私も同じく記事を登録しようとしていたのですが、これがサーバービジーの連続で何度やっても出来ない状態でした。

そして先程やっと登録ができてその結果を確認してみたら...。


げげー!!!!


「最近の記事」欄のタイトルがどれも全て更新トライを繰り返していた記事のタイトル「煙草どうしようかな」ではないですか。
試しにクリックしてみると、ほとんどがサーバーによる「404:ページが見つかりません」というメッセージが出るだけ。

そうか、何度も更新のトライをしている間にこんな事になってしまっていたんだと妙に納得。

同じタイトルの行進がなかなか壮観なのでこのままにしておこうかと一瞬思いましたが、無用な混乱を招くのはやめて最新一つを残して削除しました。

他に中途半端な更新が残っていないか少々気になってます。

|

煙草どうしようかな

先週末くらいから体調の悪い日が続いていました。

のどの痛みとセキで風邪と自己診断していましたが、胃腸がかなりダメダメな状態で食欲が失せていました。

「それはインフルエンザじゃないか。」

そう言われて明日からの出張もあるので早速病院に行きましたが、風邪と胃腸の炎症のダブルで来ていたみたいです。
まぁ暴飲暴食してマンションに戻り、潜り込んだ布団を蹴飛ばして腹を出して寝ていたらそうなるかもしれません。
筋肉注射1本と風邪薬・胃腸薬・うがい薬を受け取りました。

そんな状況にも関わらず、煙草の量が減っていません。
ときどき自分の咳で口にくわえている煙草の灰を吹き飛ばしているというのに、まだ喫っています。


煙草を喫い出したきっかけはなんだったかな?

一つの理由は

「煙草も喫えないガキと思われたくないから」

という思いだったと思います。


しかし、今の時代ならむしろ

「煙草もやめれないガキと思われたくないから」

という言葉が煙草をやめるきっかけとして使えそうです。


そうだよな。

煙草、やめよかな。


やめれるかな...。

|

2004.02.18

「竜二」、DVDを買いたい

いや買えばいいじゃないの、とそれだけの話です。

ただ、私は店頭で商品をピックアップしてレジまで運び、お金を払って持って帰るというスタイルが好きなのですが、今住んでいる岡山では店頭に置いてある店が無かったので買っていないだけなのでした。
ちょっとマイナーだったかな?

こちらでは品揃えが良いと思っている紀伊國屋・TowerRecord・新星堂で見つからなかったので、たぶん他の店でも無いと思ってます。

まぁ、はっきり言って欲しけりゃ予約すればいいんですけどね。


それでこの「竜二」という映画。好きですねー。
ビデオで何度も見たものです。

主人公の竜二は組に属して闇カジノや借金の取立てなどを生業とし、ちょっと顔が売れだしてきたヤクザです。
このキレたらヤバそうなチンピラを、この映画の監督・脚本も担当した金子正二(故人)が演じています。

その彼が妻や子供の事を考えて「普通の生き方」をしようと決意するのですが、生来のチンピラである竜二には無理があり、不器用さや苛立ちが痛々しく伝わってきます。

絶叫・血しぶきと言った娯楽的サービスシーンはありませんが、十分ヤクザの哀しさ痛々しさが描かれた名作です。

また、この映画の挿入歌で萩原健一の「ララバイ」が使われているのですが、これがまたいいタイミングで流れて胸を締めつけられます。

そんな最もお気に入りの一つであるこの映画ですが、少々戸惑ってしまうシーンがあります。

借金を取り立てに行った竜二が名刺を出そうと背広の胸に手を入れたとき、取り立て相手がピストルを出そうとしていると勘違いして慌てて借金を返済するというエピソードです。

なんでこんな古めかしいコントを挿入したんでしょうかね。

|

2004.02.17

携帯の不満、一人だけじゃない

昨日「携帯新機種に興味がわかない」という記事を書きましたが、よく似た不満を持ってられる方が「本当に欲しい端末、あります?」という記事を書かれていました。

時事ネタでも無いのに、同じタイミングで似た趣旨の記事が書かれるなんて面白いですね。
おまけにその方のblogのタイトルが「熊窟電視鏡」。

これまた雰囲気が似てるじゃありませんか、サイト名も。

偶然とか好きなのでトラックバック。

|

2004.02.16

謎、「TOKYOTRIBE」

井上三太という漫画家がいます。
「隣人13号」という漫画でこの作家に出会いました。

最初は絵に抵抗がありましたが暴力を暴力的に描き、身勝手な人間はイタイほど身勝手に描かれていたりでハマってしまいました。

この人の漫画に「TOKYO TRIBE」というものがあります。
その後長編となる「TOKYO TRIBE 2」のベースになった漫画で、東京とその周辺のエリアで地域を支配する若いグループの抗争が怪しい近未来を舞台にして描かれています。
出てくる若者はニューヨークみたいなトーキョーみたいなセンスのファッションで、若い人たちに大きな支持を得ている作品です。

そのベースになった「TOKYOTRIBE」は結構読み返しているのですが、いつも気になってしまう部分があります。

発行がビーエスビー、発売は美術出版社。
初版は1998年10月10日で、手元にあるのは2001年4月2日発行の第9版です。


気になるところというのは、敵対するグループに仲間が袋だたきにされた事のカタキを討つために相手グループの勢力圏であるシンジュクにノりこみ、地下鉄の中で敵対するグループの一人を捕まえる場面です。

何が気になるかと言うと、そのシーンで捕まってしまう敵対グループの若者の頭がスキンヘッドとクルーカットにころころ変わるのです。

90ページではクルーカット、91ページではスキンヘッドとクルーカット混在、92ページはクルーカット。
そしてその後はスキンヘッド1本になるのです。

多くの人が読んでいる漫画なので既に話題になった話かもしれませんが、なぜこのヘアスタイルの不統一をそのままにして出版したのかが気になるのです。

「作者が直すのを面倒くさがったから」というのが当たっているような気がしないでもないですが。

|

古いIEでblogが乱れます

この「洞窟壁語」を古いIE(5.5 SP2)で表示させると、タイトルの文字がかなり大きいサイズになって一部は重なりあっています。

さらに記事の文章は左のサイドバーがずらずらっと並んだその下に表示されます。

私のPCにインストールされているIEは6.0でそういう崩れ方はありませんが、IEの5.5なんてまだ多くの人が使っているような気がします。
たまたまここを目にした人のPCで、自分のイメージと異なるレイアウトで表示されていると思うとなんだか嫌ですね。

用意されているテンプレートに崩れないテンプレートがあるのかな。
それともカウンターやその他スクリプトの影響だろうか。
あるいは5.5では不都合なスタイルシートが使われているのだろうか。

細かいことですが、なんとかなって欲しいです。

|

中国語のexcite翻訳結果

中国語で書かれたHP紹介文ですが、exciteで中国語も翻訳があるのを見つけ早速翻訳させてみました。

原文

---------------
昔斗亀
惟績拭 企背辞, 雌眼税 惟獣毒去
---------------

「中→日」「繁体字」を選択して実行。

結果は

--------------------------------
昔闘うか?
ただ功績は拭く 待望して辺鄙ですか?, 雌の目か? ただか?毒は行く
--------------------------------

げ、吉本新喜劇のセリフみたい。

「待望して辺鄙ですか?」

なんだかすごく意味がありそうな言葉だぞ。

で、やっぱりわかりません。


でもこの中国語翻訳って適当に漢字を並べて翻訳させると楽しめるかもね。

|

中国語がわかりません

私のHPが中国語で短く紹介されているのを偶然発見しました。

HPのサイト名は

「昔斗亀」

と書かれており、HPのURLがアンカーになっています。

そしてコメントが

「惟績拭 企背辞, 雌眼税 惟獣毒去.」

という内容。

てんで見当もつきません。
中国語が少しでもわかる知り合いがいないので、どう調べていいかさっぱり。
しかしなんだか気になって仕方ありません。

どなたか教えてもらえませんでしょうか。

|

鼻パックと脂肪柱

一時、TVのコマーシャルで結構すごいインパクトで訴えかけてきた鼻パックというのを知ってるでしょうか。
鼻を覆うように貼り付け、しばらくしてはがすと皮下の脂肪がすっぽりと抜かれてきらびやかに立ち並んでいるというアレです。

秘密ですが私は娘が買って持っていた鼻パックを夜中に一枚盗んで、自分の鼻に貼り付けたことがあります。
もういいかななんて思って剥がしたその鼻パックシートに並ぶ我が身から引っ張り出された1ミリにも満たない脂肪の柱に目を奪われて長い時間眺めていたものです。

その鼻パックを単身赴任を始めて、2年近くの日々がすぎてから購入してしまいました。
「ウーノスーパー毛穴パック」という商品です。
盗んだ娘のものはバンドエイドの様な色だったのですが、こいつは真っ黒です。

うーん、とうなりながらも早速試してみます。
そして数分。わくわくしながらペリペリと剥がしたのですが、あの輝く脂肪の柱が見つけられません。

いや、よく見るとあるようなのですが真っ黒のバックグラウンドの中では充分なアピールが出来ていません。
これは商品に驚きを持たせるという演出で言えばハズレです。

私はあの輝く脂肪の柱を見たかったのでした。

何を言いたいのか解りません。
焼酎のお湯割りは既に5杯目になっています。

|

単行本化を待つマンガ

1冊500円、高くても800円というリーズナブルな価格で、わくわくした時間を与えてくれるのがマンガ単行本。

かなり前にドラゴンボール全巻を通し読みしたときに1冊、だいたい15分位で読み進めていた。
酒を飲み過ぎてちょちょいと電車で乗り過ごしたときに必要となる金が8000円。
1回の不始末で8~16冊のマンガが手に入る勘定になります。
安いなぁ。

でも時間はいつでもあるわけじゃない。
社会人として忙しい時期を過ごしている私に、連載中のものをトレースする余裕なんてかけらも無いのだ。
必然的に、お目当てのコミックが単行本化したタイミングでゲットすることになる。

今時点でそういうマンガは次のようなタイトル。

・20世紀少年
・餓狼伝
・バキ
・バシリスク
・バガボンド
・リアル

趣味だからほっといてくれといいたいところだけど、酒席で隣に座っている重役には話せませんね、この話題。

|

2004.02.15

blog便利です

ホームページを手探りで始めたのが6年半ほど前。
タグを調べながらテキストエディタで作っていました。
これはこれで未知の世界に触れているという満足感がありました。

そのうちコンテンツが増えてメンテが面倒になり、マイクロソフトのFrontPageを一時使ったりしていました。
ここ数年はあまり更新もしないのでテキストエディタに戻っていましたが、それでもプライベートの時間を割いての更新作業は負担でした。

そんな時に掲示板を利用しようと思いついたのです。
自分一人だけしか書き込まない掲示板。
これならブラウザーがあればどこでも思いついたことを書きこめるのです。

エディターで編集し、そのページへのリンクを書き込み、ローカルで確認したらFTPを使ってサーバーに送り込むなんて作業を考えると劇的に便利でした。

しかし掲示板システムは過去記事の削除はできても修正ができないのです。
恥ずかしい誤字が見つかったら文章ごと捨てなくてはいけません。
それに修正文書を新しい発言として書き込むと日付も新しくなってしまい、それが時事ネタであった場合は間抜けなものになってしまったりして、しばらくでこれもやめました。

しかしblogというシステムはそれを救ってくれています。
トラックバックやコメントはそれはそれでいいとして、私にとっては「面倒はこっちでやるから、お前は思いついたら何でも書け」というのがblogです。

|

携帯新機種に興味がわかない

IT商品の中心に位置する携帯なんですが、さっぱり興味が引かれない。

最近全般的に物欲が低下しているのもありますが、特に携帯については興味が薄い。
505iSだとかFOMAだとか言われても、その機種に変えたら何が嬉しいのと思ってしまいます。

興味を引かれるとしたら電池の持ちが良くて小型軽量で使いやすいデザインというところかな。

携帯という道具が必要でないとは考えていないし、むしろ携帯があるために様々な恩恵を得ていることも理解しています。
でも発信・着信と複数のメールサーバーから転送されてくるメール受信だけで十分になってしまいました。

プリクラ世代は別だろうけど、携帯のカメラを面白がる年代じゃないしね。
それに写す時のあのスタイルがどうも嫌いです。

あと着メロが嫌い。
なんであんな突拍子もなくその場の空気を変えてしまう本人だけの満足でしか無いノイズをぬけぬけと仕込むのでしょう。
はっきり言ってそれなりの年齢の人に対しては、どんな原曲を元にしたものであっても着メロを響かせる人間は「大人げない悪趣味な人物」と決めつけています。

どこのメーカーでもいいですから、社会人向けの小型軽量で単純明快な機能の携帯を企画してくださいよ。

|

iPod、20GB使えるかな

休みということで、とっとことっとこiTuneで手持ちCDを取り込んでますが、現在18枚まで入れました。

現時点でiPod-20GBの状況は次のようになってます。

---------------
使用容量(音楽データのみ)
 1.01GB

曲数合計
 181曲

総再生時間合計
 15時間
---------------

iPodのディスクには、一部システム利用領域とWindowsの持ち運びデータが入れているので、残り容量は16.5GBと表示されました。

それでもごく単純な計算をすると、あと3000曲。
今入っているのは半分以上が5分を超える曲で、一番長い曲は38分(The Allman Brothers Band:Mountain Jam)もあるから実際はもっとたくさんの曲数を入れられそうです。

うーん、そんなにCDをもっていないぞ。

私なら本当は4GBでいいのかもしれないなぁ、筐体も小さくなっているし。
iPod miniが発売されたら、iPod-20GBは子供に押しつけて買い換えようか。

|

夢に描く快楽生活

私が思い描く近未来快楽生活を書きます。

ある年齢になって良いか悪いかタイミングだけの話かは別にして、なんらかの理由でサラリーマンをやめています。
子供達は自立して収入のある生活を始めており、いくばくかの退職金と年金と他のお金でなんとかやっていける生活を確保できています。

サラリーマンを退職した私は古書店を開くために「古物商」の申請を行い、公安委員会から許可を得て古物市場主の資格者になります。
並行して自宅からそう遠く無い繁華街の中で、ぽっかりと人通りが途絶えているような商売的悪条件の物件を見つけ、大きめの窓があるちいさな店を借ります。

店内は一年中エアコンが快適な温度を保ち、大型のTVが目の前にあります。
広い天板を持つ机の上にある最新のPCはブロードバンドに接続されており、座り心地が素晴らしい高価な椅子が備えられているのです。

しかし肝心の商売は、新規開店というのに本は数冊しかありません。
数冊の本は全て店主(私)が読みたかった本ばかりです。
はっきり言って売れそうもないタイトルばかりにもかかわらず、価格設定が他の古本屋をはるかに上まわっています。
それどころか、入り口のシャッターは半分しか開けず、人の入店を拒む演出までしています。

お客さんに来てほしいわけではないのです。
儲けるために古本屋をするのではなく、確信犯として赤字経営をするのです。
毎日思いついたように仕入れを行い、読み終わったら書棚に並べます。

店は10時に開店し、16時に閉店します。
間に11時半から13時半まで「店主食事中」と札を出して昼休みを取ります。

お昼はお寿司だったり、サンドイッチだったり、オムライスだっったりしますが、昼休みの後を過ごすためにレンタルショップでDVDを借りたり、時にはそのまま映画を見たりもします。
定休日はなく、一ヶ月も休まない日もあれば10日ほども閉めたままの時もあります。

こういう暮らしぶりを快適で贅沢と思いこんでおり、毎夜夢に描いているのでした。

|

2004.02.14

HINOTAMAのスープカレー

スープカレーという、どうやら北海道が発祥の地らしいカレー料理を知りました。
私はあまり外ではカレーを食べない方で、食べたくて行くのは大阪のインディアンくらいです。

しかし神戸や大阪でも見たことのなかったスープカレーの店が単身赴任先の岡山にあると知り、興味津々で自転車で向かいました。
「HINOTAMA」という名前の店ですが、大体の場所は見当をつけていたものの、ちょっと気がつきにくい店構えだったので2度前を通り過ぎてしまいます。

カウンターに座ってオーソドックスにチキンカレーを注文。
ライスとスープカレーの入ったどんぶり風の器、それにピクルスの小皿でセットです。

スープカレーの中に入っている具は骨のついたチキン、ジャガイモ、ニンジン、ピーマンで、あと半分に切ったゆで卵がのっています。
ジャガイモは表面がさっと揚げられていて、香ばしい風味が口に広がります。
チキンはスプーンでほぐしながら食べられるほど、柔らかく煮込まれています。
適度に柔らかいニンジンも、食感の良いアクセントになっています。

ライスの端には味付け海苔が添えられており、スプーンで掬ったスープをライスに混ぜながら食べました。

美味しいです、リピーターになるかな。

|

2004.02.13

ハイウェイスター

DeepPurple
「Machine Head」

熱い曲です。
この疾走感はほとんど快感に近い物があります。

ある時期、車で高速を走るときは少なくとも一度はこの曲をかけたような気がします。
イントロが始まると、もう心はアクセルオンの状態にトリップします。

いきなりハイテンションにシャウトしドライブするボーカル。
猛スピードで併走する車が追いつ追われつを繰り返すように駆け抜けるギターソロ。

この曲を作った時、きっとディープパープルのメンバーの元に神が降りてきたのでしょう。

大友克洋の単行本に「ハイウェイスター」というタイトルのものがあります。
大友克洋ファンだった私は、ほとんどの単行本を買いそろえていました。
初期に「宇宙パトロール・シゲマ」や「ファイヤーボール」の世界に驚き、「童夢」で描かれた驚愕のストーリーとシーンの数々に圧倒されます。

ヤングマガジンに連載中だった「AKIRA」は、あの大判の本にまとめられて発売されるたびにリアルタイムで購入していました。

そして時を経て、その興奮は中学生になった頃の長男に引き継がれます。
「AKIRA」が家に揃っていることを友達に自慢したとも言ってました。
変わった子供です。

先日、長男にiPodを自慢したときに(親も変わってます)ディープパープルで1曲だけ入っていた「ハイウェイスター」を聴かせました。

「なんだかポマードびしびしの人が演奏しているみたい」

「ハイウェイスター」といえばディープパープルだった私と、「ハイウェイスター」が大友克洋のマンガである長男とでは感じ方も違うのでしょう。

面白くて久しぶりに子供の前で笑いました。

|

ど忘れに未来はあるか

先日、酒を呑んでいるときに映画の話になったのだが、ある映画に出演する超大物俳優の名前が出てこない。
その俳優が出演する映画のタイトルは列挙できるし、その俳優の顔もくっきりと浮かんでいる。
でも名前が出てこない。

おまけに、映画のタイトルを列挙している時に、ある映画で共演したこれまた超大物女優の名前を言おうとしたが出てこない。
頭にはくっきりと顔が浮かんでいるし、その女優が出演している映画のタイトルも列挙できている....。


こういう状態が、いつからか頻度が増しているように思います。
いったん引っかかると、どうあがいてもその名前を記憶の中から引っ張り出せなくなるのです。

頭の中に間違いなく入っている情報を引き出せないという、この気持ち悪さを知っている人は少なくないことでしょう。

こういう時に私にとって即効性のある対処法はインターネットです。
目の前にネットに接続されたPCがあれば、わずかな時間で目指す言葉にたどり着けます。

と考えて、実はこのインターネットを外部補助記憶として頼り過ぎている事こそが、記憶からの情報再生能力を衰えさせているのではないのでしょうか。

文明の発達や生活の変化の中で、、衰えていく能力はたくさんあります。
しかし、「脳」が持つ能力が衰えていくことは非常に恐ろしい未来を示唆しているようで怖いです。


ちなみに冒頭で思い出せなかった超大物俳優は「ロバートデニーロ」。
競演した超大物女優は「ジョディーフォスター」。
共演したその映画は「タクシードライバー」でした。

こんな男優・女優が出てこなかったなんて、内部記憶装置はあきらかにシステム障害を起こしている事でしょう。
神経繊維があちらこちら断線していたりしてね。

|

iPodのアクセサリー

先日買ったUSB2.0ショートケーブル(GeSPEC社、1980円)なんですが、気に入ってます。

アップルが販売しているiPod Dock コネクタ(FireWire + USB 2.0 ケーブル用)を買わなければと思っていましたが、長すぎるケーブルが不満でした。
まぁこちらは充電も一緒にできるのですが、ケーブルの総延長は1.8メートル。
「えーい、もってけドロボー!ケーブル長めにしといてやるよ!」ってな威勢の良さを見せようとして迷惑な代物になったのではないでしょうか。

他にもリモコンやイヤフォンのケーブルの長さをもてあましていたのですが、そんなときに見つけたサードパーティ製のこのケーブルは、30センチと治まりのよい長さでほっとします。

早速このケーブルを使ってPCとiPodを接続したら、当たり前なのですがあっさりとシンクロもしてくれました。

しかし、iPodを他の金属ものと一緒にバッグに入れて出張に出たものだから、表面にしっかり疵が入ってしまいました。

最初に買うべきアクセサリーは、iPodの表面保護用のジャケットだったかもしれないな、と手遅れを少々反省中。

|

2004.02.11

マイ・レア物発見

神戸に帰って書棚からこんなものを見つけだしました。

ud01.jpg

さていったいなんでしょう。
答えはスーパーファミコン用のゲームです。

「UNDAKE 30 鮫亀大作戦 マリオバージョン」となっています。
「HUDSON SOFT」と製作会社名も印刷されていますが、インターネットでスーパーファミコンの全ソフト一覧というのを探っても見つかる事はありません。

実はラベルの左下に「非売品」とありますが、これは後にハドソンが発売する「鮫亀」というゲームの開発段階でパイロット的に作られたものです。

もちろん実際に遊べますが、コマのデザインにマリオが使われています。
マリオは任天堂のキャラクターなので、ハドソンはそれを販売する事は困難ですよね。
「非売品」だからこそ出来たのです。

なぜ持っているかと言うとこのゲームの製品化に、ある役割で関わったからでした。

普通の会社員である私にとって、少し普通で無い大事な記念の品物です。
無くしていなくて良かった。

|

神戸にて豚マン

久しぶりに神戸の自宅に帰ってきました。
昨夜は少し飲み過ごしたりで少々体が重いが、外は暖かそうだし散歩するしかない。

ということでデイパックと一緒に出発。
お昼を少し過ぎて、空腹感が少しよみがえってます。

頭にいくつかのお目当ての店を思い浮かべながら自分の胃と少し相談した結果、一位は春陽軒の豚マン。
他の候補は赤ちゃんのオムライスと金プラのハヤシライスでしたが、ごはんものをあまり欲しくなかったので次点になったというわけです。

豚マンを目当てに行く店はこの春陽軒と元町の老祥記だけ。
春陽軒はひとつ100円で、老祥記は70円と少し安い。
でも大きさも10対7くらいのような気がするし、それぞれ違うものだから高い安いを比べてはいかんですね。
それぞれ好きです。

春陽軒は少し辛い味噌がおいてあるのが嬉しい。
3個注文し、最初の2つはこの味噌をたっぷりつけて食べ、最後のひとつはソースで変化をつけるというのが最近の食べ方です。
隣の中年カップルは「5個追加ね!」と元気いっぱいですが、私はいつも3個です。

満足してその足でハーバーランドのソフマップに向かい、iPod用のUSB2.0ショートケーブル(1980円)が何かと役に立ちそうなので購入。

そういえば、iPodのバッテリーがアガっていてこの散歩中は聴けませんでした。
あまたのiPodユーザーと同様、弱いバッテリーに泣かされる事になるのでしょうか。

|

2004.02.09

心打つココログサイト名

ココログにはいっぱいユニークなサイト名があるに違いないと気になり、そちらこちらから集めてみたら656種類のサイト名が並びました。

そんな中で私の頭に説明不能な感慨を呼び覚ますものがいくつかありました。

そんな私にとってのユニークなネーミングを、サイトの名付け親に承諾も無しに勝手に紹介。
シュール系のノリが好きなので、きっとそちらに偏ってます。

・あってもなくても猫のしっぽ
・すごく吹くジュン
・そうぞうしい、ようかめ
・そこはかとなくペンギン
・たまごのはしくれ
・だらだらと犬
・ちっちびとわわち
・ぱたぽんち別館
・みみかき
・ろーるまき
・伊豆の登り子
・悦びの覚悟
・奇跡の市民
・偽ひろしさん
・幻覚ギター
・小坊主の後悔
・川上から桃。
・創世記キ械
・腐女子の行く道、萌える道
・娘。がそこにいたから

  (並びはJIS順)

0.3秒で思いついたものから3日くらいかかって考え抜いたものまであるのでしょうね。
深ーく静かに心に響きます。

あと気がついたところで、タイトルによく出てきた単語が「徒然」「日々」「日記」でした。
確かにblogの目的を表している単語ですからね。

ちなみにココログルで「日々徒然日記」とか「徒然日記の日々」とかで検索しましたが当たりませんでした。
さすがココログのオーナーは節度を心得ている。

|

アクセス解析から

アクセス解析のサービスで、どんな単語を検索してここに来たかという情報があります。
ネット全体での検索単語の傾向とは一致するわけではありませんが、この「洞窟壁語」に来た(来てしまった、笑)方のキーワードはどんなものでしょう。

音楽系のキーワードが上位に来ました。

1位 「ストラトキャスター」
2位 「エリッククラプトン」

んむむむ。
ストラトキャスターやエリッククラプトンの何らかの情報を求めてここに来た方は、2秒で去って行かれたのではないだろうか。

続いて

3位 「松本大洋」
4位 「グラップラー」

こんどはコミックです。
松本大洋で来てくれた方が多い事はうれしいです。

5位 「Godin」 また音楽系
6位 「餓狼伝」 またコミック系

ここまでで検索単語数の6割にあたります。
音楽とコミックの方に多くのアクセスをもらっいたわけです。

ちなみにその他の音楽に関するキーワードも集めると4割を占めました。

ここの行く末をもう一度考えよ。

|

2004.02.08

半身浴するぞ

前から気になっていたが、実行してみようという気になった。
いろんなところで得た情報によると、その効能たるや凄いものがある。

体内毒素を出し、適正体重に戻し、血糖値が安定し、ぐっすり眠れ、肩こりが治まり、吹き出物が消え、イライラが解消され、風邪が治るのである。

もしかしたら体調の改善効果で頭が良くなったり、仕事がどんどん進んだり、女性にもてたり、思わぬ収入があったりする事は公表されていなかったりするのかもしれない。

毎日続けることが効果的とかいてあるが、そうでなくとも逆効果にはなるまい。
用意する物を考えよう。

えーと、まずお風呂のふたみたいなものだな。
というかお風呂のふたそのものか。
半分しめて温度を逃がさないようにするのと、持ち込んだ本の置き場所の確保だ。

あと水に強い本があればいいなぁ。
乾燥した時に、しわしわごわごわになった本って可哀想だ。

できたら防滴仕様のラジオかプレーヤーがほしいな。
30分の長丁場は本だけで乗り切るのは難しいかも。

防滴仕様の時計も必要か。
風呂場における時計を持っていないし、30分のつもりが15分で終わったりしては意味がない。

あと香りの良い入浴剤も必要かな。

よし、自転車で3分のイトーヨーカドーに出発。

|

ボーリングで3連続PERFECT

少々古い話で去年の11月の事らしいですが、私は昨日初めて知って驚いたニュースです。

ボーリングで3連続パーフェクトを達成した人がいるらしいです。
大阪のプロ、西村了という人がその人です。
私が大阪時代に2度ほどゲームをしたことがある「ボウルメート京橋」所属っていうのも印象に残った要因だな。

しかしみなさん、3連続パーフェクトって要するに36回投げて全部ストライクってことですよ。
すごいですね。
プロにはこんな人がいるんだなぁって思っていると、なんと世界でも公式戦では初の快挙らしいです。
それでギネスに申請中とのこと。

日本人が打ち立てた世界一の記録です、ギネスさん載せてあげなさいね。


ところで、この人の昨年の獲得賞金は191万7000円(日本プロ協会8位)という情報を見つけた。
そうか、ボーリングって日本8位でも競技収入だけでは食えないんだ。

他にレッスン収入とかあるんでしょうが、もしかして3連続パーフェクトを達成した人より私の方が年収が多かったりするのではなかろうか。

そうだったらごめんね。新聞にのるような成果を上げることは無いけど、私の仕事も辛い仕事なんです。

|

アピールする、うるさき面々

ヨーヨーマが好きだと話した人間がいた。

拳法使いであることを自慢し、直情的言動がよく波風をたてる彼にはヨーヨーマは似合わないと思った。

でも彼はヨーヨーマを聴くタイプの人間と見られたかった。


小説をよく読むという人間がいた。

さっきも買ったんですよと書籍のタイトルを並べる。
純文学系の作品が多かったりしているが、人が話をしているときに、相手の音量を上回る大きな音量と早口で自分の思いこみの言葉を競うように覆い被せてくる彼には似合わないと思った。

でも彼はそういう作品を読むタイプの人間だと思われたかった。


どんな物をもっているか、また何に興味があるかが重要あることは理解できる。
自分の事を「いいセンスしてるでしょう」と人に思われたい気持ちも理解できる。

しかしそれは自分が何を所有しているかではなく、それら作品から得た感覚や感性を自分の中に吸収し、その人の個性と混ざり合って深みを増す事で「いいセンス」が備わって行くものです。
はやりのファッションが浮き上がって滑稽に見えてしまう人がいるのです。

気になる人に対しては、よくこちらから「どんな本を読んでいるの」とか「どんな音楽を聴いてるの」と尋ねます。
時間の過ごし方や物の見方に興味を持ちます。
そして驚きを感じたり納得したりする時間が楽しいのです。

勝手な自己アピールで、他人の世界を乱してはいけません。

昨日少しうるさい人と疲れる時間を過ごしたので、ついこんな事を書いた訳です。

|

iPodのある初めての日曜

昨日に続いて自転車に乗って快晴部分87%、雲の影部分13%(気持ち測定)の街へ出る。

iPodをコートの胸位置にある内ポケットに納め、リモコンをポケットの上端にはさむ。
なんとなくリモコンからイヤフォンまでのケーブルが長すぎるように感じているが、ベルトにクリップするようなときに窮屈でない長さなんでしょう。

再生スイッチを押すとaikoのボーイフレンドが軽快に始まる。
まだiPodでの選曲操作が上手ではないので、変なコンテンツにあたらなくて良かったと思う。

aikoが終わって次にかかったのは、オールマンブラザースバンドのステイツボロブルース!
テンションが高い胸躍るライブ演奏が始まると思うと、ボリュームを目一杯上げてしまった。
頭の中がアメリカになり、それにつれて見慣れた景色も脳内のアメリカンフィルターによって雰囲気が変わる。

その勢いでCD/DVD店に入り、エリッククラプトンのライブDVD「ワン・モア・カー、ワン・モア・ライダー」を買う。
同じタイトルが2種類並んでいて一つは3,600円、もう一つは4,700円となっている。
まったく同じ物に見えたので、当たり前なのだが安い方を購入。

そして、見慣れた景色を太陽光がくっきりと浮かび上がらせた時の写真を何枚か撮って帰宅(帰マンション)。

「ワン・モア・カー、ワン・モア・ライダー」は心を揺さぶる素晴らしいDVDです。

|

2004.02.07

iPodのある休日

iPod入手後、はじめての休日を迎えた。

iTuneでディスクの中のMP3を収集した時に、友人が趣味でコレクションした妙なMP3を大量に混じり込ませてしまい、支離滅裂なコンテンツ構成になっている。
コマーシャル音楽・企画物・昔のアイドル曲・桂枝雀の落語とかがそうで、これらがわさわさと蠢めいているように感じてしまいます。

あとでゆっくり整理しようと考えてますが、まずはiPodで音楽を聴きながら自転車で街を走るという考えを優先する。
PCがネットワーク不能なためにネットからタグ情報を取ってきてくれないのが悲しいのではありますが、リトルフィートのデキシーチキンをiPodに録音していざ街へ。


しかし....。

怖い..。


後ろから車が近づいていることに気がつかず、自分にとっては唐突に現れたその動く箱に何度もびっくりしてしまうのです。

以前CLIEに128MBのメモリースティックを入れてMP3プレイヤーにしていた時は、単身赴任をする前であり自転車に乗ることがほとんどなかったので思わなかったが、少々怯えながらペダルを漕ぎました。

危ないから自転車だけでなく、運転しているときに危険を察知する重要な器官の一つである耳をふさぐのはやめた方がいいな。
それに、携帯で話しながら自転車を漕ぐ女子学生に腹を立てたばかりではないか。


|

更新できる人できない人

ある日、blogというシステムを知って無料のblogを登録して作ってみた。
なるほどと思った頃にココログの存在を知る。

さっさと無料blogを引き払い、無料ではないがニフティ会員なので追加料金はいらないココログで再スタート。
どんなことでもそうだけど、最初の内は発見が続いて夢中。

おぉ、トラックバックってこういうことか!
書き込んだ記事にコメントがついたぞ!
カウンターを設置できるじゃないか!
あ、カウンターがじりじりあがってる!もっと書いてやろう。
アクセス解析も試してやろう!
わ、こんな単語でここに来た人がいる!

というような熱い日が過ぎていく。

この好奇心を満たす楽しい段階を越えてさらに記事を積み重ねて行くには、「書きたいことがある、伝えたいことがある」という内側からのモチベーションが必要になる。

目の前のオモチャへの興味だけでなく、幅広い好奇心を持ち生活の中で新鮮な目つきで驚きを発見できるタイプの人がblogサイトを充実させていくのでしょう。

そういう記事を書き続けていける人の中から、物の見方に鋭い洞察力や独特の価値観があって、さらに十分に文章で表現できる力を持っていた場合に、そのサイトは人が期待をこめて訪れるサイトになるのです。

最近ココログを乱読をしている中で何回かリピートで訪れるサイトがあり、少しその兆しのあるサイトが出始めているんだなと思ってます。

|

2004.02.06

iPod音楽再生す!

いやぁ、購入してからはや5日。

やっとiPodが音楽を再生する白い小さな箱に変ってくれました。
今はキャロルキングの「You've Got a Friend」を奏でてくれています。

思えばiPodの基本操作は、あの丸い領域をくるくるとなぜるのであるという事も知らず、このiPodって壊れてるのじゃないのって思っていた間抜けな私でした。

ただのWindowsの外付ディスクとして成り下がるのも知らない情けない所有者にフォーマットされてしまった可哀想なiPodでしたが、アップデーターによって本来のiPodに戻ってくれています。

Win98からアップデートしたWin2KもSP4を当てることでiTuneを無事インストールでき、今はDockにiPodをセットするだけでPCのライブラリとシンクロしてくれる賢い白い箱になりました。

今入っている音楽データは400MB程度しかないのでスカスカですが、その内20GBのエリアを征服してやろうともくろんでいます。

いやぁ良かった良かった。

....と喜んでいる場合じゃないぞ。
iPodの都合でWin2Kマシンに仕立てられたデスクトップPCは、サウンド出力ができないしLANは相変わらず認識しないという可哀想なマシンになってしまったでわないか。

明日からはひねり出した時間はiPodで音楽を流しながらPCをメンテナンスする未来がやってくる。

でも、めでたしめでたし。

ちなみに今iPodが再生しているのはJitterin'jinのPresentです。
いいね。

|

2004.02.05

iPodが今もただの外付けHD

前回「フォーマットしますか」なんてメッセージにホイホイOKをクリックしたのだけど、これでiPodは単なるWindowsマシンの外付けハードディスクになったんですね。
最後は何とかなるって気持ちは今もあるけど、ちょいと自分で回り道に飛び込んでしまった。

WindowsのOSがアウトだとかサービスパックが古いとかもあって、100メートル競走の5メートルの地点にいるような感じです。
買ってきたFireWireボードは生きているみたいだけど、LANボードを認識しなくなってこれまた難儀な状況。

iPodソフトウェアアップデート2.1を手に入れたけど、さあいったいこの先はどんなコースをたどるんだろうとワクワクです。

今週は連日のつきあいがあって時間がないってのにさ、ホント。

|

2004.02.01

iPodで苦難の道

いやー、まいりました。

結構無茶なやりくりで、とりあえずiPodは外部ディスクにはなりましたがMP3プレイヤーにはなってくれません。
途中、フォーマットしますとかヤバいこともやったし。

それに、iTunesは私のWin98マシンではインストールもできませーん。
ちょっと酔っぱらってきたから、今日はおしまい。

でも面白かったです。
なんだか無茶しすぎて、ちょっと痛いお金を失ったかもしれない。

まぁいいか。

|

「偉大な~」アーティストポイント順位

次の解析は先ほどと似ていますが、アルバムランク順位にポイントを与えてランキングしてみました。
ポイントというのは1位を500点とし、500位が1点になるようポイントを与えて、その合計ポイントを計ってみました。

さて1~10位はどうなったでしょう。
4桁の数字はポイント合計です。

1 : 4154 : The Beatles
2 : 3613 : The Rolling Stones
3 : 3002 : Bob Dylan
4 : 2294 : Bruce Springsteen
5 : 2215 : The Who
6 : 2125 : Various Artists
7 : 2116 : Led Zeppelin
8 : 1683 : The Byrds
9 : 1640 : U2
10 : 1590 : David Bowie


ふむふむ、なるほど。4位までは出現順と同じだな。

続いて11位から20位

11 : 1551 : Stevie Wonder
12 : 1541 : Sly and the Family Stone
13 : 1352 : The Jimi Hendrix Experience
14 : 1334 : Bob Marley and the Wailers
15 : 1334 : Elton John
16 : 1318 : Pink Floyd
17 : 1276 : The Velvet Underground
18 : 1247 : Elvis Presley
19 : 1226 : Simon and Garfunkel
20 : 1213 : Michael Jackson

まぁだいたい顔ぶれは出現順と似たようなものですね。
出現順で26位になったマイケルジャクソンが20位に顔を出してます。

でも以前に「偉大なるギタリスト」で1位になった「ジミヘンドリックス」は、この基礎データの500位のアーティストにいなかったなぁ。
「偉大なるギタリスト」で2位の「デュエイオールマン」がいたザオールマンブラザースバンドのアルバムは、唯一アルバムランク49位に「At Fillmore East」で出てきてたけど。


|

「偉大な~」アーティスト出現順位

まず一つ目はアルバムを制作したアーティスト名の出現したランキングです。

10位までに11アーティストです。

1 The Beatles 11回
2 The Rolling Stones 10回
3 Bob Dylan 9回
4 Bruce Springsteen 8回
5 Various Artists 7回
5 The Who 7回
7 Elton John 6回
7 David Bowie 6回
9 U2 5回
9 The Byrds 5回
9 Led Zeppelin 5回

5位のVarious Artistsっていうのは複数のクレジットになっているアルバムだから少し毛色が異なります。
まぁ、やっぱりビートルズだった訳です。
いい感じですね。

ちなみに次の順位は12位となるのですが、出現数が4回の14アーティストが現れました。

12 The Velvet Underground
12 The Smiths
12 The Police
12 Talking Heads
12 Stevie Wonder
12 Sly and the Family Stone
12 Simon and Garfunkel
12 Roxy Music
12 Pink Floyd
12 Otis Redding
12 Madonna
12 James Brown
12 Grateful Dead
12 Bob Marley and the Wailers

The Smithsって知りませんでした。駄目ですね。

|

「偉大なアルバム500」解析

ローリングストーン誌が「偉大なアルバム500」というランキングを発表した。
前に「偉大なギタリスト100」というのを発表していたが、「偉大な○○」をシリーズ化しようとしているのかな。

まぁ評価基準がどうのとか論議を呼んでいるらしいけど、興味を引かれること間違いないですね。

で、その「RollingStone 500 Greatest Albums」に行って来ました。

103位と162位~164位の4つがないじゃんというツッコミはやめといて、その情報から2種類の集計をしました。

この後の記事で興味本位の解析結果を書きます。

|

結局 iPod 20GB 購入

昨日の記事で書いたが自転車で岡山市内の特定地域を大捜査して、結局何も得られずに戻ってきた私だった。
が、しかしたった一日でリベンジを果たしたのである。

昨日、ネットで少し情報を探った時に15GBタイプは20/40GBタイプと異り、Dock・リモコン・キャリングケースの3点が標準添付で無いことも知った。

アップルのサイトで見ると各4,800円(タケー!)となっており、不足分のアクセサリの金額合計は14,400円にもなる。
全てそろえると容量と金額の関係が軽く逆転してしまうではないか。
よっしゃ、よく在庫切れになってくれていたもんだと昨日の立腹にも落とし前をつけることができた。

またネットの情報から電池の性能があまり良くないことも知ったが、目をつぶって見なかったことにしていた。

という紆余曲折(一時酔っぱらい、一時かき祭りでただ食い)の時間がちょうど一日分経過したその時、iPod 20GBタイプをスパーン!とストライクの音も高らかに購入してやったのだ。
そしてマンションに戻り、即座にオープン。

ほう、凝ったケースじゃわい、おお本体やパーツがそれぞれフィルムで傷つかないように保護されている。
なかなかやるのうアップル、とか心で語りかけながら、アクセサリを点検する。

ん・・・。

頭にクエスチョンマーク。
中に入っているいくつかのコネクタの形状の中にUSBが無い。
ユーザーズガイドを開く。

「お使いのコンピュータのポートがUSB2.0ポートの場合は、アップルから USB2.0 + FireWire ケーブル用 iPod Dock コネクタを購入できます」

これくらい標準で添付しておけよ!「購入できます」はないだろーが、アップル、と先ほどとは手のひらを返したように毒づいてしまう。

もうこの週末に再度購入した店に立ち寄れる時間の余裕はない。
これではこの白いものはソリテアマシーンとなってしまう。
中に広がる20GBのMP3データの到来を待つ巨大空間はどうすればいいんじゃ。

で、結局近くのPCパーツ店でFireWireカードを買ったのだが、セットアップするのは本日やらなければいけないことが終わってからだ。

iRiverの方にすればよかったのかなぁ、USB が標準だし WMA フォーマットも聴けるし仕様上の再生時間も長いし FM チューナー内蔵だしなんてセリフが長々と頭に浮かぶのを、「いや、パイオニアマシンには経緯を表して投資するべきだ」なんて体裁のいい対抗セリフで押しとどめることにする。

なかなかスムーズにスタート出来ないもんです。

ふー。

|

かっこいい50台半ば女性

週末に自宅に戻らない土曜日は、1週間のバランスの悪い食事の調整だと定義して訪れる行きつけの店がある。
忙しそうに一人で店を切り盛りしてる可愛いお母さんにちょこちょこっと話をしたり、他の常連さんと少し話しを交わしながら、焼き魚やサラダを中心に食べて飲むというのがパターンである。

その日はひとつおいた席に女性が一人で座っていた。
お母さんの知り合いらしい。
その女性とふとしたきっかけで話が弾むことになる。

非常にきりりとしたファッションで、最初は高級お水系の人かなと思っていたのだが実際は美容院の経営者であった。
また美容学校の講師も勤めているとの事。

年齢が50半ばというが、しかしそれは外見からは想像しにくく、感覚ではもっと若い年齢を創造させる。

酒も強く、この後も気が合う女友達と約束があってたぶん午前様になると言っていたが、話がレゲエやフラメンコ、そして創造性や芸術に発展して、その待ち合わせの時間を大幅に遅らせてしまったようだ。

その人が言った言葉で覚えていることがある。

数年前にご主人を亡くされたらしいのであるが、その後しばらく周りから悲しそうにしていることを期待されている様な空気が続いたときに、自分がそういうイメージを当てはめられることに強い反発があったと言う。

そして積極的に人の輪の中に飛び込み、習い始めたフラメンコでの表現力を上げるためにスポーツジムに通い、今まで以上に活動範囲を広げて友人はどんどん増えたとのこと。

そうですね、頭は切り換えなくてはいけないのです。
頭を切り換えたら、行動を起こさなくてはいけないのです。

私もぐだぐだと愚痴の多い中年男から脱皮し、周りの光を反射して新鮮な空気を発する人間に変わらなければ。

と短い時間であるが思った。

|

« January 2004 | Main | March 2004 »