« May 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.27

三宮の吉兵衛でカツ丼

金曜日に大阪で会議があったので神戸に戻りました。
土曜日の朝起きて、何を食べてやろうかと思案しながら午前中に外出。

歩きながら思いついたのが新開地の「グリル一平」。
ここの癖のあるスパゲティーを食べようと向かったのですが、入り口にこの張り紙。

ippei_yasumi.JPG

私の「グリル一平で昼飯」企画を邪魔した臨時休業の理由というのはこんな所への新規開店だったのでした。
「グリル一平」じゃなくて「新開地グリル一平」ってなっているのが面白い。

新たな目標として近辺の「春陽軒の豚まん」「金プラのハヤシライス」「源八寿司」が頭に浮かびましたが三宮に出ることにする。

不摂生から少し回復した胃腸が頭に送り込んできたメニューは「吉兵衛のカツ丼」。
毎度の事ですが行列に並んで食べました。
ここのメニューは


「カツ丼」          600円
「カツ丼」玉子2      650円
「てんこ盛り」       650円
「てんこ盛り」玉子2   700円
「ダブル」カツ2枚玉子2 950円

となっているのですが、私はいつもスタンダード「カツ丼」に50円足して「赤出し」。
これで十分満足満腹になれます。
時々「ダブル」を注文する若い人を見ると、「いいなぁ胃腸が若くて」なんて少し切なく思ったりするのでした。

それからイシバシ楽器で「ギターマガジン」のバックナンバーを購入して今回の神戸散策は終了。

|

iPodに曲補充 6月27日

中古CDショップで買ったのと、神戸の自宅から持ってきたのとで8アルバム追加。


ジェフ・ベック・グループ 「ジェフ・ベック・グループ」
ニールヤング 「HARVEST MOON」
キャロルキング 「タペストリー」
Bad Company 「Bad Company」
サンタナ 「Supernatural ?」
ドナルド・フェイゲン 「KAMAKIRIAD」
Z・Z・トップ 「TEJAS」
Z・Z・トップ 「リズミーン」

やっと550曲というところにきましたが、まだiPod miniで十分な容量です。

|

2004.06.24

アルコールマーチ

先週の水曜日から昨日までの8日間。
毎日深酒が続きました。

朝目覚めた時には休肝日と決めていた日も、「遠方より友来たる」が飛び込んで見事に埋まっていったのでした。

数えると入った店は14軒。
さすがにバテました。
体が悲鳴を上げてます。

財布も...。
飲み代で蒸発したのは5万というところか。

今日はアルコールはやめです。

|

2004.06.15

ココログ反則的使い方?

ココログの領域内に私がiPodに納めているアルバムのCDジャケット画像の一覧を作ってみました。
上のタイトル部にもリンクを用意していますがここです。

CDカバーのイメージデータはアマゾンのアソシエイトに参加していれば堂々と使えそうなので、アフェリエイトの恩恵は期待してませんがアソシエイト登録してアマゾンから持って来る方法を選択。
的を絞って持ってくる場合は、個別にアルバムを探してイメージとリンク用HTMLを取り込まなくてはならないので結構面倒な作業です。

一覧ページはメインブログと分離するためにHTMLをテキストエディタで適当に作成して私のココログフォルダーにアップ。
取り込んだイメージも同じくひとつづつアップ。

作ったページは日本語が化けてしまったので1バイト系だけにしました。
ココログ保守のコントロールパネルに設定がありそうでしたがまた今度時間と情熱が戻る時までパス。

こうやって並べてみると、単身岡山に乗り込んでからの2年間で買った枚数ってそんなに無かったんだなと思います。

|

2004.06.13

iPodに曲補充 6月13日

今日は中古CDショップで見つけられなかったCDを新品で2枚購入。


オアシス 「MORNING GLORY?」

どれもイイ曲です。
わかりやすくシンプルなんですが、耳の記憶にしっかり残ります。

サム・クック 「Sam COOKE GREATEST HITS」

昔、サム・クックのアルバムを録音したカセットテープを何度も何度も聴いたモノです。
遠くから聞こえてくるような切ない音楽が胸にジンときてしまします。
サム・クックは好きだなぁ。

今日もいい曲が増えた。iPodに収まっているのは495曲、2.55GB。

iTunes4.5が備えているAppleロスレス・エンコーダ(音のロスが無いがファイルサイズはでかい)でデータを作るとすぐに5倍くらいの容量になるのですが、よく考えるとPCの方に容量が足りない(^^;。

ちょっと古い私のベアボーンPCは40GBしか積まなかったので残りは5GBくらいしかありませんでした。
しかし長男のPCは240GBプラス80GBもあるんだよなー。CPUも超強力だし。

親は軽四で子供はスポーツカーって感じ(笑えぬ)。

|

ここは京都か高松か!?

先週高松にふらりと行ったときに面白くてクリップしました。
琴電琴平線「栗林公園」駅の駅看板です。

前後の駅名を見ると、まるで京都(笑)。
漢字で書くと「さんじょう」は京都と同じ「三条」でしたが「かわらまち」は「河原町」ではなく「瓦町」でした。

ちなみに京都に行っても前駅が「かわらまち」で次駅が「さんじょう」になる鉄道はありません。

riturin.JPG

|

2004.06.11

酒粕放置でえらいことに

今年の正月明けに5キロもの酒粕をもらったのですが、単身赴任の私にはこいつに対する処理能力はありません。
5キロもあるので神戸の自宅に持って帰るのも面倒だったもんで放置されること6ヶ月。
存在すら忘れていました。

で、ある日ふと目をやると酒粕が入った箱の下から飴色の何かが滲み出て床に広がっているのを発見。
おそろおそる指で触ってみると、表面はネバーとしていて不気味です。

さすがに舐めてみようとは思いませんでしたが、きっと甘いものではなかったでしょうか。
面倒で時間のかかる作業でしたが、水で溶かしながら大量のキッチンタオルを使って拭き取りました。

なお、酒粕の保存と賞味期限は以下のようなお約束だそうです。

酒粕は、冷蔵庫など冷暗所(0~10度)で保存してください。
賞味期限は、この保存方法で、加工日から「3ヶ月後」です。

以後、気を付けます。

|

2004.06.06

小旅行・高松

昨日の土曜日はここしばらくの休日の中では最高の天気でした。
やや遅めに寝床から抜けだして洗濯機を回した後、布団を干すためにベランダで外の空気を吸った時に小旅行を決心。
残りの人生で、こんなに気候のいい一日が何日あると思っているんだと何かがささやいたのでしょう。

行き先は高松に決めてデジカメやiPodなどを慌ててリュックに詰めます。
高松までは岡山からJRで1時間かかりません。

到着して高松駅近くにある最近オープンしたサンポート高松のビル内をぶらぶら歩き、それから街へ。

讃岐うどんが目当てですが特に決めた店も無く思いつきで入ろうと歩いていると、信号待ちの時に人の出入りが多い店を発見。
迷わず入りましたが、麺の歯触り口当たりがもうひとつでした。
出汁は良かったです。

さらに歩いて栗林公園に入園し、日陰を渡り歩くように散歩して現地での行動は手じまい。

帰りは宇高フェリーにのりました。
高松から岡山の宇野まで大人一名390円という安さ。

時間はかかりましたが、このフェリーのデッキで眺めた瀬戸内の島々が見せる美しいパノラマは390円では安すぎるくらいです。
これが今回の小旅行での最大の満足になりました。

時間にして7.5時間、総費用4000円弱。
納得、納得。

|

2004.06.02

クロスロード・ギター・フェスティバル

夢のようなコンサートがあります。

場所はテキサス州ダラス。この6月4日から6日にかけてのイベント「クロスロード・フェスティバル」の最終日に催されるのがそのコンサート。

「クロスロード・フェスティバル」はエリッククラプトンが主催するイベントで、その収益は彼が運営するアルコールや薬物患者の治療施設クロスローズセンターの運営資金に充てられます。
コンサート会場であるコットン・ボウル・スタジアムには7万人の動員見込みだとか。

まぁ黙って出演予定者の名前を見てください。

B.B.キング、バディ・ガイ、オーティス・ラッシュ
カルロス・サンタナ、ラリー・カールトン、ブライアン・メイ
ジョー・ウォルシュ、サニー・ランドレス、ジミー・ヴォーン
ロバート・クレイ、ロバート・ランドルフ
こんな人たちが次々ステージに現れて演奏するのです。 記事を書きながら鳥肌が立って困ってます。

叶わぬ夢ですが、このフェスティバル会場で時間を過ごして最後に上記のコンサートで締めくくる数日間を経験できたなら、どれだけ素晴らしい思い出になることでしょう。

フェスティバルではギターオークションもあるようで、これがまた豪華です。

クラプトンシグニチャーのブラッキー。
アンプラグドで使ったマーティン。
クリームのフェアウェル・コンサートやブルース・ツアーに使ったGibsonチェリー・レッド335。

現地に行ける可能性は限りなくゼロなのですが、Webで拾ったフライヤー(チラシ)のPDFをカラー印刷して部屋の壁に貼り、それを眺めて遙か海の彼方で開かれるフェスティバルに想いをはせたいと思います。

小さくしてここにも掲載。
flyer.GIF

|

« May 2004 | Main | July 2004 »